カードローンで借り換えると低金利になります

現在何社かから借金をしているという人は毎月複数の返済日が来るわけですが、そうしますとその都度今月の返済額の分を用意しなくてはなりません。
また月に何度も返済日がありますと、例えば自分の給料日や口座に入金があってすぐの時はいいですが、もし給料日の前日に返済日を設定しているような金融機関が中にありますと、その日の分をまたどこからか融通してこなければいけないわけですから大変です。
ある返済のためにまた別にどこからか借りてくるようなことになってしまいます。
そこで有効なのがカードローンを使って借り換えることです。


いくつかの借り入れを一本化し金融機関を一つにしてしまうわけです。
こうしますとまず毎月の返済日が一回で済みます。
お金のやりくりの上でこれは大変なメリットです。
さらに利率自体が低くなる可能性があります。
カードローンと言いますのは借り入れている額によって利率が違いまして、額が少ない方が利息が高くなります。
そこで借り換えをしますと、今まで複数のところから別々に高い利息で借入していましたのが、今度はそれよりも低金利で借り直した計算になるわけです。
ではそのメリットの分返済額全体が増えるのかと言いますと全然そんなことはないわけですから、得なことばかりで最適な方法と言えます。
さてそもそも実際にそのようにできるかといいますと、銀行の場合なら総量規制というものがありません。


総量規制とは現在年収の3分の1までしか借りることができないという決まりですが、それは一般的な金融機関のことでして銀行はあてはまりませんので、借入をまとめるとそれを越えそうなことがあっても心配がありません。
逆に現在はいろいろな商品でおまとめというものをどこでも推奨していまして、歓迎されますのでぜひ相談してみることです。
また以前はどこでも返済日が或る一定の日に決まっていましてその日に必ず引き落としがされていましたが、現在では本人の希望する日を返済日に指定できるところも多くなっていますので、自分の給料日から逆算して最も都合の良い日を指名できます。
これなら確実に計画的に返済していけますので、借り換えは最適な方法です。