低金利で借入したいならばカードローン審査がオススメ

日頃の暮らしで数多くの出費が舞い込んできた時、自分の手持ちのお金ではどうにもならない時があります。
このような時の非常手段として銀行や消費者金融の借入サービスをいくつかチェックしておくともしもの時に大変便利です。
中でもカードローンは一枚の個人カードを契約してカード発行しておくだけで、お金が不足した時にサッと近場のATMから融資金を引き出すことができる優れもの。
最近だと提携コンビニの店内ATMを使うと24時間いつでも借りることができるので、緊急性の高い出費の際にも便利です。


またこれらのカードローンは通常のローンに比べても低金利なので借りやすいという面も持っています。
審査手続きも簡単で、まずはネットや電話、店舗窓口、自動契約機などの中から自分の条件にぴったりのものを選んで申し込みを行い、その後の審査結果を待ちます。

この時、審査ではまず申請内容をチェックした上で信用情報機関への照会を行います。
ここで過去の借入履歴や返済状況、現時点での他社からの借金の有無などを調べて問題がなければ次の項目へと進むことになります。
ここでもしもブラック情報などが見つかると通過が難しくなるので注意しなければなりません。
また消費者金融を活用する際には総量規制などにも注意しなければならず、すでに年収の3分の1を超える借金がある人はそれ以上の融資金を得るのが難しくなります。
さらに次に勤務先への在籍確認などがありますので、ここで申請時に記載した勤務先に電話をかけ、本人の勤務実態をチェックします。
何も問題がなければそのまま通過となり新規カード発行の連絡が電話やメールなどで届くこととなります。


また、利用者側としてはこれらの業者の中からできるだけ自分の条件に沿った上で低金利のものを選ぶ必要があります。
そうすることで利息も低くなり、自分への負担を減少させることができるからです。
これは借金の金額が多ければ多いほど重要となってくるテーマですので気をつけて慎重に選ぶ必要があります。
さらに業者によっては同じカードローンでも様々なコースが設置されている場合もあり、その内容によって金利も大きく異なる場合もあるので注意が必要です。

低金利で増枠の交渉も可能なカードローンがあります

即日融資が可能なカードローンとして今注目されていますのが、最近新しく生まれた銀行の商品です。
この銀行の連結子会社にあたる金融機関が人気の商品を持っていましたが、親会社の銀行の方もその事業を並行して担っていくようになったもので2015年の後半から新たな商品として登場しました。
この商品の一番の特徴は最短即日融資ができるということです。


この銀行では便利な総合口座がありまして、その口座を持っていますと提携のATMが無料で使えたり、ポイントが貯まったりキャッシュカードを32色から選べたりするのですが、この口座のインターネットバンキングに入っておきますと、もしカードローンを申し込もうとしても簡単で、原則として本人確認書類の提出も不要ですし平日は18時までに申し込みの手続きが完了すればその一日のあいだにその口座に振り込む形で当日中の使用ができます。
これは24時間可能ですので、例えば明日急に冠婚葬祭や出張が入ってお金が必要になったといった時でも深夜や早朝に振り込んでもらうこともできますから、とにかく大変便利です。
しかも当日振り込みは事前にインターネットバンキングに入っていなかった人でも大丈夫でして、こちらは平日14時までに本人確認が終われば当日中にどの金融機関でも指定した口座に振り込んでもらえます。
いずれにしましても来店不要のまま手続きが終了できますのでとても助かります。
申込みと並行してカードも郵送されますが、カードが届きますとATMで利用ができます。


このカードローンではコンビニエンスストアのATMでもすべて手数料無料で利用できますので助かります。
またこの商品は借入の金利自体低めですが、そもそも契約額によって五通りに分かれているのみで、事前にシミュレーションがしやすいですから、例えばおまとめに借り換える時にも比較がしやすいのでうってつけです。
きちんと定期的な返済をすることで交渉で増枠もできます。

他と比較してキャッシング低金利はオリックス銀行です

カードローンでキャッシングを利用するのに最も大事なのは利息ですが、その低金利さで今注目されていますのがオリックス銀行で、現在は最低年利が1.7%となりこれは他の同種の商品と比較しても最も低い一つと言えます。


これは最近ぐっと低く改良されたものですが、このように低金利ですと特に有利なのがおまとめや借り換えで利用したいという人でして、それまで複数の金融機関からお金を借り入れていたものをもしここで一本化したとしますと全体の返済額がとても低く済むと考えられます。
一本化のそもそものメリットは返済日が月に一回に減ることで管理がしやすくなることですが、ここに借り換えれば返済額自体も下がりますし一石二鳥です。
またそのような限度枠の多いケースでなくてもあらゆるケースで得でして、カードローンの場合は急な出費の時にとっさに使うことも多いですが、逆に言いますと給料日が来ればすぐ返済することが可能です。
その際に金利が低ければ利息がほとんどなしのまま完済できるというわけですので、とにかく使いやすい商品と言えます。
またオリックス銀行のもう一つの特徴は大手の金融機関やコンビニエンスストアのATMが完全無料で使えることです。
一般的に別の提携機関の場合にはそのつど手数料が掛かるところも多いですので、このサービスは助かります。
またそれに加えましてさらに、提携のATMでも1000円単位で引き出せるのは大変珍しいです。
自社のATMや振り込みなら1000円単位が可能でも提携のものでは1万円刻みでないとおろせないことがほとんどだからです。
この種の商品は限度枠が決まっていますので、残高によっては1万円単位ではおろせずに困るという場合がありますから、1000円単位で対応しているのはとても優しいサービスです。


インターネットで申し込めばすぐに返信がありまして、カードもすぐに郵送されてきますが即日融資に対応していましてコンビニエンスストアのATMでも当日におろせることが可能です。
返済日が10日と月末のどちらかを選べますので自分の都合の良い方にでき便利です。

低金利ローンや保険のメリットと安全な活用

消費者金融のキャッシングをはじめとした数あるローン商品の中には、比較的高金利な商品から低金利な商品まで、色々な段階の金利があります。
しかしお金を借りる側の立場からすると、金利は低いほうが絶対にお得であることは間違いありません。
何しろ金利は低ければ低いほどに返済の支払い負担が小さくなってくれるのですから、これはもう疑いの余地はありません。


ところで貯蓄性の高い生命保険や個人年金保険などは、自分や家族の将来の経済的な備えとしては有効な手段の一つです。
もしも万一、自分の身に何か起こった時には補償してもらえるのですから、これもまた、疑いの余地はないと言えるでしょう。
しかしローン商品も保険商品も、どちらも計画的に活用することが肝心です。
何しろ毎月の利息や料金、手数料などは通常は決して楽なものではありませんから、将来的な見通しを立ててから活用しないと途中で行き詰ってしまう危険があります。
もしも支払いが滞ってしまったら、最悪の場合、ブラックリストに名前が載ってしまうかもしれないのです。
ですから、どちらの商品であれ、活用するからには安全性が第一であることは心得ておかなければなりません。
それからローン商品の返済は、リボルビング返済の場合では月々の負担が小さいというメリットがあります。
しかし返済総額は増えてしまうというデメリットもありますので、その点には注意が必要です。
それにリボルビング返済の借金とは、まだ借金残高が多く残っている時ほど元金はなかなか減りません。
それはつまり、返済金の多くは元金ではなくて利息に回される割合が大きいということです。


ですから順調に返済が進んで残高がある程度減ってからでないと、借金の元金も順調に減っていることは実感できないものです。
借金返済においては、元金が順調に減ってこそ返済モチベーションが上昇してゆくものです。
借金生活では、こうした返済モチベーションというものも重要ですので覚えておきましょう。

銀行カードローンなら低金利で即日融資可能です

お金を借りる時気になることが、金利面とお金が手元に来るまでのスピードです。
一般的に消費者金融の方が即日審査・融資をウリにしており、申込から最短60分ほどでお金が手元に入ります。
一方銀行カードローンの方が低金利で借りられ、しかも最高限度額も大きいのが特徴です。
しかし大手消費者金融には、金利面の高さをカバーするために、初めての利用者向けに30日間の無利息サービスを実施しています。
近々まとまったお金が入る予定のある方は、無利息で借りられる大手消費者金融の方がお得です。


毎月コツコツ返済していきたい方は、メガバンクのカードローンが最適です。
ちなみに消費者金融では借りられない専業主婦の方でも借りられます。
メガバンクは大手消費者金融を傘下に収めているケースが多く、消費者金融並みの利便性があります。
金利は年15%を切る低金利で、しかも土日・祝日でも即日審査・融資が可能です。
しかも総量規制の対象外なので、年収の3分の1以上を借りられる可能性が高いのです。
一方消費者金融の場合、年収の3分の1を超えて借りられる可能性はありません。
メガバンクで即日融資を受けるには、主に銀行店舗内のATMコーナーに設置されている無人のローン契約コーナーが便利です。
オペレーターの方に疑問・質問があれば、相談しながら手続きを進めることができます。
必要書類も銀行により異なりますが、200万円から300万円までの借り入れの場合、所得証明書の提出は原則不要です。
当行の普通預金口座や銀行届け印も不要で、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類だけで大丈夫です。
あとはローンカードと契約書類を受け取れば、その場でATMからお金を借りられます。
なお申込からカード発行までにかかる時間は、40分から60分ほどです。


またローン契約コーナーはATMコーナーに設置されています。
ATMコーナーが混雑している昼休みなどの時間帯は人目に付くので、気になる方は空いてる時間帯に行けば大丈夫です。

低金利のカードローンがあれば繰り上げ返済も安心

住宅ローンを借りている人は、繰り上げ返済をして返済を早めるということが重要になります。
30年のローンを組んでいても、実際には20年くらいで完済をしてしまう人もたくさんいます。
完済を予定よりも10年早めることができれば、100万円〜300万円くらいの利息が節約できるということになり、老後の資金を増やすことにつながります。


しかし、繰り上げ返済に失敗してしまって、かえって家計を圧迫してしまうという人もいます。
手持ちのお金をすべて住宅ローンの返済にあててしまっているというケースでは、失敗をしてしまう可能性が高くなります。
例えば、200万円のお金が余っているので、それをすべて繰り上げ返済にあてたとします。
しかし、手持ちのお金がゼロになってしまったタイミングで、親が死亡して、お葬式の費用として200万円が必要になった場合、「やっぱり必要になったので、200万円を返してください」ということは認められません。
お葬式の費用としては、専用のローンがありませんので、金利が高いところで借りなければなりません。
金利が15.0%程度になってしまったら、大きな損をすることになります。

そのような場合には、低金利のカードローンを1枚保有しておくと、安心ができます。
マイホームローンを借りているのと同じ銀行でカードローンを組めば、優遇を受けることができ、年利3.0%〜8.0%程度になることもあります。
手持ちの資金が足りなくなった時に、低金利のカードローンを1枚保有していれば、すぐにお金を借りることができる上、利息もそれほどの負担にはならず、安心ができるでしょう。


ライフプランを考える時、ファイナンシャルプランナーに相談をするという人も多いでしょう。
それも1つのリスク対策の方法であり、メリットもありますが、ファイナンシャルプランナーに本格的にアドバイスをしてもらうとなると、数十万円の費用がかかることもあります。
それならば、低金利のカードローンを1枚保有しておくことで、リスク対策としたほうが、メリットが大きくなることもあります。

カードローンを利用するなら金利の仕組みを理解してから

金利とは、貸付において債務者が債権者に対して支払う貸付の対価のことです。
年間の利率で換算するのが一般的で、印紙代などの各種手数料を含めた実質年利で表示されています。
この年利から借入額に応じた利息を割り出し、返済毎に元金と一緒に返していく仕組みです。


低年利の方が利息の負担は少なく済むというのが一般論ですが、金利は審査の基準に影響するので、低年利のカードローンやキャッシングに申し込んでも融資してもらえるかは分かりません。
よって、年利は気になるところですが、あくまでも自分の条件で審査に通過できる商品を選ぶのが良いでしょう。
目安として、銀行の年利は低く、消費者金融の年利は高くなります。
高い収入があれば銀行でも融資が期待できますが、他社からの借り入れが複数件あったり、滞納をしていると厳しくなります。
また、収入が低くても他社からの借入れがまったくない方でも融資してもらえる可能性があるので、一概に何を基準としているのかは明確ではありません。
収入や他社の借金を総括して検討してみましょう。

また、短期で返してしまえば高年利でも負担は最小限に抑えられますし、長期で返していけば低年利でも負担は大きくなっていきます。
そのため、計画性を持って返していくことが重要でしょう。
計画を立てるなら、各社のシュミレーションサービスを利用してみてください。
元金、年利、毎月の支払額などを入力することで返すまでにどのくらいの期間がかかり、総額でいくらになるかなどを自動計算してくれます。
自分で計算しなくてもいいので、簡単に計画を立てることが可能です。


ちなみに高年利といっても、上限は年20%までと定められています。
具体的には、元金10万円未満は年20%まで、元金10万円以上100万円未満は年18%まで、元金100万円以上は年15%までが上限なので、それを超える貸付はありません。
ただし、返済の遅れがあると、遅延損害金が発生して通常の金利とは別に最大で年20%まで請求されます。

カードローンで借り換えると低金利になります

現在何社かから借金をしているという人は毎月複数の返済日が来るわけですが、そうしますとその都度今月の返済額の分を用意しなくてはなりません。
また月に何度も返済日がありますと、例えば自分の給料日や口座に入金があってすぐの時はいいですが、もし給料日の前日に返済日を設定しているような金融機関が中にありますと、その日の分をまたどこからか融通してこなければいけないわけですから大変です。
ある返済のためにまた別にどこからか借りてくるようなことになってしまいます。
そこで有効なのがカードローンを使って借り換えることです。


いくつかの借り入れを一本化し金融機関を一つにしてしまうわけです。
こうしますとまず毎月の返済日が一回で済みます。
お金のやりくりの上でこれは大変なメリットです。
さらに利率自体が低くなる可能性があります。
カードローンと言いますのは借り入れている額によって利率が違いまして、額が少ない方が利息が高くなります。
そこで借り換えをしますと、今まで複数のところから別々に高い利息で借入していましたのが、今度はそれよりも低金利で借り直した計算になるわけです。
ではそのメリットの分返済額全体が増えるのかと言いますと全然そんなことはないわけですから、得なことばかりで最適な方法と言えます。
さてそもそも実際にそのようにできるかといいますと、銀行の場合なら総量規制というものがありません。


総量規制とは現在年収の3分の1までしか借りることができないという決まりですが、それは一般的な金融機関のことでして銀行はあてはまりませんので、借入をまとめるとそれを越えそうなことがあっても心配がありません。
逆に現在はいろいろな商品でおまとめというものをどこでも推奨していまして、歓迎されますのでぜひ相談してみることです。
また以前はどこでも返済日が或る一定の日に決まっていましてその日に必ず引き落としがされていましたが、現在では本人の希望する日を返済日に指定できるところも多くなっていますので、自分の給料日から逆算して最も都合の良い日を指名できます。
これなら確実に計画的に返済していけますので、借り換えは最適な方法です。

カードローンの知っておきたい金利計算の仕方

使用する用途が限定されないカードローンは、利便性が高く急な出費があるときの心強い味方です。
しかし、その分どうしても金利は高い傾向があるので注意が必要です。
カードローンでお金を借りるときは、できるだけ金利の低いものを利用するのが得策です。
比較するときには、まず金利計算を行い金利がどれくらいつくのかを計算することが大切です。
計算の方法は、借入額に実質年率を乗算し、1年を日数に直した365で割り借入したい日数を乗算します。


そうすると、支払う利息額を知ることができ、この借入額が少ないと金利は安いと言えます。
ただ、実際にカードローンで現金を借りるとこの計算ではなく、もう少し複雑な計算式が適用されるので実際に支払う利息額を知ることはできませんが、目安にすることはできます。
より正確な金利計算を行いたいときは、インターネット上にある返済シミュレーションなどを活用して計算しましょう。
金利には、利便性の高い消費者金融か審査が厳しい銀行かによって設定している金利に違いがあります。
消費者金融は、スピード融資を重視していることが多いため金利は高いところが多いです。
銀行は、審査が厳しいことやスピード融資を行うことを重視していないため、金利は消費者金融よりも安いところが多いです。
なので、借りる目的に応じて金融機関を選ぶことが必要となります。
少額で急いでいるなら消費者金融が便利ですし、早さよりも大きな金額を借りたいときは消費者金融とは別の金融機関のほうが金利も安く設定されているのでおすすめです。


金利を比較するときに注目したいのは、金融機関によって差のある上限金利と下限金利です。
多くの金融機関では、借入額に応じて金利に違いがあり、借入額が少額になればなるほど金利は高く、借入額が大きくなればなるほど金利は低くなります。
金利計算を行うときは、その金融機関で借りたときに最も高い金利である上限金利の金利を使用して計算するようにしましょう。